県立美術館でマイセン展/学習センターでミニゼミ

県立美術館で今やっている「マイセン動物園展」に行ってきました。

美術館関係は障害者手帳で同伴者1名まで無料で入れます。毎日通ってもタダです。タダで入りたい人は私を呼んでください(笑)

県立美術館、県立博物館をはじめ、県内には私設の美術館も手帳さえあれば入場無料のところが多いです。だいたい同伴者(介護者)1名まで無料です。エル・グレコの『受胎告知』を持っている私立美術館が県内にありまして、そこは本人のみ無料ですので私と一緒に行っても残念ながらタダにはなりません(笑)
ちなみにそこの一般料金は1,500円です。

今回は県立美術館。県立美術館にマイセンがずらり。あまりにも繊細な作りで、これって本当に陶器なのか?と思ったほどです。例えば、天使に布が掛かっているデザインの壺。その布が陶器とは思えないのです。本物の布を使っているのかと見まごうような繊細なデザイン及び彩色でした。

シャンデリアが撮影可能だったので撮りました。光の加減で安っぽく見えますが、本物はもっと重厚な感じです

これ、全部陶器です。造花を使用しているわけではありません。

シャンデリアの細部はこんな感じです。

他にも大きな鏡が撮影可能でした。これも光の加減で暗く見えてしまいますが、とても豪華でした。

部分を撮影したのがこちら。

光の加減で影になってしまって写真が暗くて申し訳ないですが、実物はとても豪華でした。

今回の企画は主に動物のモチーフの作品で構成されていました。犬や猫、キリン、シマウマ、インコ、キツネ等々。

帰り際、美術館ボランティアスタッフの方に「1月は雪舟ですのでまたいらしてください」と言われました。行きます。同伴者募集中(笑)

15:00からは放送大学の学習センターでミニゼミでした。2学期は『記憶の認知心理学』と題して5回講座です。今日は第3回でした。

今日は、短期記憶・長期記憶から始まって、視空間スケッチパッド・音韻ループ・エピソードバッファ辺りの話でした。

「マジカルナンバー7」の話と人間の脳内での情報処理の話などがありました。認知心理学では「人間=情報処理の系」として扱います。90分があっという間でした。前回の第2回は鬱状態が酷くてあまりメモも取れませんでしたが、今回はしっかり学んだ感があります。

今日は朝、社会学入門(’16)を三章分読みました。明日で社会学入門(’16)は完成させたいと思います。

にほんブログ村

よろしければ「にほんブログ村」クリックお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました