10月にあった精神保健福祉関係のシンポジウム&講演会の振り返り会議に出席しました

今日は外出していました。

数日前の日記で「退院したことは知人友人に伏せてひっそりこっそり暮らします」「家に入院します」などと言っていたわたくしですが、そんなにおとなしくしているタイプではないので、早速外出していました(笑)

午前は県内の精神保健福祉関係の支援者と当事者が集う会に、午後は10月にあったシンポジウム&講演会の運営委員会の振り返り会議に参加していました。夕方はいつもの珈琲専門店で、唯一退院を知らせた友人と出所祝いのお茶をしていました(←“出所”って言うなよ自分ww)。出所祝い(退院祝いって言えよ自分ww)までいただいて感謝です。チョコレートの和三盆です。

つい最近まで入院していた(しかも保護室)人とは思えないアクティブ過ぎる一日でした。とても充実した一日でした。

※『~なぜ三ヶ月の入院予定が一週間になったのか~Part1』の続きのPart2は明日書きます。

午前は10時から、集いというか座談会みたいなものに参加していました。場所は総合福祉センターです。ここは県内のNPO関係や福祉関係の人が何かをやる時に使う定番のセンターで、かなり広いです。国立病院跡地を改装して利用されている施設で、200人以上入れる主に講演会等の会場として使われる部屋から10人以下での利用が可能な小会議室や研修室がたくさんあります。NPOの事務所もたくさん入っています。平日はパンやお弁当を作っているA型作業所・B型作業所から飲食物が持ち込まれて販売されていたりします。こじんまりした売店というより、スペース的にはコンビニの半分くらい?の規模の売店で、いろいろ充実しています。センター内には福祉系の転職支援サービスコーナーもあって、とりあえず県内の福祉関係の人なら誰でも一度は足を踏み入れたことがあるであろう大規模施設です。二階の廊下はこんな感じです。旧国立病院の再利用、という感じが出ています。

小会議室を借りての集いというか座談会は、今日は7人参加でした。福祉関係職の人(支援者と呼ばれる人たち)が2人、ピアサポーターが3人、特に活動はしていない当事者が2人という感じで、まったり近況報告などをしたりいろいろ県内の精神保健福祉の動向を話したりと、有意義な時間になりました。そこにいた福祉関係職の人で元・県の保健師さんが立ち上げた団体は放送大学の教科書にもその名が載っています。北海道の「べてるの家」と並んで教科書に取り上げられています。

午後はベルリン国際映画祭受賞作『精神0』のロケ地の二階で振り返り会議でした。10月にひきこもり関係のシンポジウム&講演会がありましたが、私の所属団体が後援ということで、そのつながりで私も会長さんと共に参加。私は会長さんととても馬が合うので、いつもつるんで遊んでいます(笑)

いろいろな意見が出ましたが、今回の振り返り会議だけでは収まらなかったのでまた年明けに振り返り会議第二弾です。

来ていた方の何名かと名刺交換もしました。その内の一人は就労支援サービス事業所の方でしたが、今度もしかしたら講師謝礼がつく何かで呼んでもらえるかもしれない話になりました。私は講師謝礼金が付くやつしか引き受けない謝礼金荒稼ぎハンターなので、上手く話が進むといいなと思います。…って、講師謝礼金なんてそんなに大した額にはならないですけれど。大体一件5,000円くらいです(しかもだいたい振り込み手数料引かれてるし…なぜか)。

いろいろな方とつながりが増えて、参加して良かったです。あと、やっぱりピアサポート専門員の資格は取りに行かないといけないと実感しました。ピアサポート専門員は基礎研修がNTT東日本関東病院で二日と専門研修が東京大学で二日あって、両方クリアした上でフォローアップ研修も受けないといけないという、関西の地方住みの私には交通費や宿泊費が痛い資格です。でもなるべく早い内に取りに行った方がいいなと感じました。

やっぱりシャバはいいです。さっさと帰って来て正解でした。←“シャバ”って言うなよ自分ww

良き一日でありました。

入院している内に世間はクリスマスシーズンになっていて、珈琲屋さんでもクリスマスソングが静かに流れていました。浦島太郎になるところだった(笑)

さっさと出所して良かったです。

↑だから“出所”って言うなよ自分wwww

にほんブログ村

よろしければにほんブログ村クリックよろしくお願い致します。皆様のお陰で「メンヘル日記」で一週間前に29位だったのが現在9位まで上がってきました。いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました