通信指導提出完了(昨日)

昨日の夕方退院して家に帰ってきてまず何をしたかというと、通信指導のWeb提出です。今日12/1の17:00が〆切だったので、結構ギリギリな感はありましたがどうにかセーフでした。

11/24に保護室行きになった時に唯一持ち込みが許可されたのは、自然科学はじめの一歩(’15)の教科書一冊だけでした。鉛筆もボールペンも消しゴムも一切持ち込み禁止でしたが、そこは執念で教科書一冊だけは持ち込み許可にさせました。

保護室にいた日は本当にぐったりしていたので文字すら読めなかったのですが、独房の中で夜は枕の下に教科書を敷いて寝ました。催眠学習か…(笑)

翌日11/25に閉鎖病棟の個室に移ってからペンケース一式も持ってきてもらって、なんとか6日間で社会学入門(’16)と自然科学はじめの一歩(’15)の通信指導提出分をやりました。

11/24に入院が決定した時はちょうどお昼過ぎで、一旦荷物を取りに家に帰れるかなと思ったのですが、主治医に瞳を見つめられながら「このまま返すわけにはいかない」と言われました。好きな人に言われるのならなんだかドキッとしてしまいますが、精神科医に言われるとギクッとします(笑)

結局私は教科書一冊だけ持って保護室直送でした。母親に「あと教科書三冊と、通信指導のコピーをどこそこにおいてあるからそれを持ってきてくれ」と伝言だけはしておとなしく収監されました。

とにかく、閉鎖病棟から三ヶ月は出られない前提で、でも執念で単位認定試験は受けるつもりでした。母親に代理で通信指導をWeb提出してもらい、マークシートを持ってきてもらい、試験問題が公開されたら印刷して持ってきてもらって郵便で出してもらうという無謀なことを本気でやろうと思っていました。コロナで在宅試験だからできる話なのですが…。

比較認知科学(’17)が80点、心理カウンセリング序説(’15)が100点、社会学入門(’16)が100点、自然科学はじめの一歩(’15)が90点で受理されました。とにかく単位認定試験の受験資格だけはゲットしました。

って、なんで三ヶ月の予定のところが一週間になったのかの顛末はまた明日の日記にします。

まぁ、…あれです。私はシャバにいてもヤバい人に絡まれますが、閉鎖病棟にいてもヤバい女性患者に絡まれまして、それから逃げるためにスピード退院したというのがおおまかな流れです(笑)

昨日の日記で「一旦入院になって良かった」と書きましたが、実はヤバい人に追われていて、それから逃げるのにも入院は好都合でした。その人とはFacebookで繋がっているので、messengerもログイン履歴を残さないように三ヶ月は使えません。入院していることにして、ひっそりこっそり暮らします。

にほんブログ村

よろしければにほんブログ村クリックお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました