睡眠と私/ピアサポート

いつも眠前の薬を19時に飲んでいます。そして寝付くのが20時半くらいです。21時までには寝ています。

いつからそんなに早く寝るようになったのか、はっきりとは覚えていないのですが去年くらいからだったと思います。

私は発病から15年以上、睡眠が不安定でした。夜眠れなくて、朝の4〜5時まで起きていることが普通でした。夜眠れても、薬が効きすぎて昼の12時近くまで起きれない期間も長かったです。とにかく「睡眠」ということで苦労してきました。

起きている、つまり目が覚めていて意識があることがつらくODを繰り返すのが私の鬱状態の時の定番でした。それは今もです。そういう、眠剤をはじめとする薬の乱用の問題を前の主治医と話し合って、薬の管理を母親がすることになりました。

最初は眠剤を寝る前に、つまり22時や23時にもらって飲んでいました。でも、いつからか19時に飲むことにしたのです。時間を固定しました。今はそれが案外うまくいっている気がします。

19時に飲んで20時台に寝る。すると朝は4時前後に起きることが多いです。そしてその未明の静寂は、私にとってとても勉強向きなのです。教科書を読んだり雑務をしたり英語の予習をしたりしています。昼は被注察感(誰かにじろじろ見られている感じ:統合失調症的な感覚)が強くて集中できないので、朝4時〜7時くらいがいちばん物事がはかどります。

午後は集中力もなく、ぼんやりと時間が過ぎていくここ最近です。本当に何もできないです。被注察感も強いです。かろうじてできるのは、日記を書いたり、大学の個人ページから過去問をダウンロードすることくらい。健康な人には、過去問のダウンロードなんてなんでもないことだと思います。「簡単なことだ」と考えもしないと思います。でも私はノートパソコンを開いて電源を入れるのが、それだけがかなり気力と体力がいる行為なのです。病気の人はそういうモードで生きています。基本がそういう感じなので、ミニゼミや面接授業に出るのがどれほどのことなのか理解していただけたらとても嬉しいです。

今日は、比較認知科学(’17)の第5回を再視聴して該当章を読みました。それだけです。たったそれだけなのに、それに困難を伴います。

昔と今と、病状は平行線なのかもしれないです。でも、ピアサポートを始めてから、リカバリーという言葉に出合ってから、確実に活動的になりました。

しかし。リカバリーやピアサポートという言葉を取り巻く環境に、問題のある支援者や自己愛性人格障害の当事者などがいて、一旦それらから離れました。昨年の12月、いろんなことが嫌になってピアサポートの団体を辞めたのです。

その団体に所属していれば、ピアサポート活動で微々たるものですが賃金が得られます。保健所から活動に応じて講師謝礼等が支払われるシステムが確立しているというのが全国的に珍しいらしく、私の住んでいる地域はピアサポート先進地の一つと言われています。

しかし、中身を見てみると杜撰な実態が見えてきます。まず第一に「ピア」という目線のあり方を勘違いしたまま活動している人がいるのです。「○○を“してあげる”」という上から目線の人や、自身の承認欲求を満たすためにクライアントを利用している人などがごく普通にいて、一体ピアサポートってなんなんだろう・・・と思い始め、結果としてその団体を辞めたのです。

いま私は、同じような疑問を抱いてその団体を辞めた人たちと一緒に新しいピアサポート団体を作る構想をしています。明日、午後からそのミーティングです。

動かない体をなんとか動かして、行ってきたいと思います。

にほんブログ村

よろしければ「にほんブログ村」クリックお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました