診察の日でした/薬の間違いで薬局から電話が(笑)

今日は11:30〜予約でした。今日は転院して3回目。でも今日から主治医が変わる予定だったので、初診みたいなものでした。なので、朝からどんな人が新しい主治医になるのか不安と期待が入り混じった気持ちでドキドキ。

結論から言うと、新しく主治医になった人とは相性がいい感触です。この人となら上手くやっていけそうだなと思いました。

そもそもなんで主治医を変更したのかというと、転院初診で私の担当になった医師に不信がつのってしまったからです。私は明らかな双極性障害です。躁エピソードと鬱エピソードを繰り返しています。でも、たまたま初診の時に鬱で、鬱状態のみについて語ったら「あなたは双極性障害ではなくうつ病です」と言われ、「ラモトリギン(躁鬱の薬)を切っていきましょう」と言われてしまい、不信がわいてきてしまいました。しかも会って10分しか経ってないのにそう言われたので、もうこの人は無理かもと思ってしまって。で、この度主治医を変更する運びとなりました。

待ち時間は1時間くらいで済みました。昔、それこそ10年前に通っていた病院は2時間待ちが当たり前でしたし、ついこの間まで通っていた病院も1時間超えが当たり前だったので、なんだか良かったです。英語のリスニングCDをスマホに入れたのを聞いていたら呼ばれました。

で、薬局に行って薬をもらって家に帰ってきたら、いきなり薬局から電話が。「処方箋ではサイレース1mg×1錠に変更になっていたのに、この前までずっと1mg×2錠だったから変わっていないと思って間違えて1mg×2錠出してしまったのでもう一回来てくれませんか」とのこと。

私は「?」でした。

というのが、1mg×2錠から2mg×1錠に変わったはずだったからです。なので、「病院の方に確認を取ってみてもらえませんか?」と言ったら、薬剤師さんが病院に連絡を取ってくれたようで、どうやら誤入力で1mg×1錠になっていたらしいとのこと(笑)

よくあることなので、まぁ指定薬局は近くの薬局にしておいたし、いいかなぁ…と思いつつ、薬の交換に行ってきました。やはり近いのはいいですね。

※フルニトラゼパムはサイレースのことです。

とにかく、新しい主治医と上手くやっていけそうな気がしたので良かったです。

にほんブログ村

よろしければ「にほんブログ村」クリックお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました