来学期の科目はどうしよう/夏休みの過ごし方

テストも終わったので、来学期に取る科目を考えています(テストが終わったと言ってもまだ「発達科学の巨人たち」が残っていますが、こちらはゆっくりやっていけるので)。夏休みの過ごし方も考えています。

2020年度第2学期履修予定科目
・自然科学はじめの一歩(’15)
・心理カウンセリング序説(’15)
・比較認知科学(’17)
・社会学入門(’16)
※面接授業2科目

自然科学はじめの一歩(’15)以外は来学期で閉講です。社会学入門(’16)は社会福祉主事任用資格に必要なのと、純粋に興味があるからです。これらに、さらに「心理臨床とイメージ(’16)」と「心理臨床と身体の病(’16)」を加えるかどうか悩んだのですが、昔から“急いては事を仕損じる”というのでやめておくつもりです。今のところ、放送授業4科目+面接授業2科目で決定です。

夏休みは英語の勉強と読書と映画鑑賞に当てたいと思います。午前中は毎日とにかく英語。英検準1級を受けたいと思うので(2級までは取得済)、今年の1月から高校英語をやり直しています。高1の教科書は98%終わりました。なんで98%なのかというと、最後のOptional Reading 2の章末問題が終わっていないからです。本当に中途半端なのですが、あと1ページだけ残っています。知り合いに英語の家庭教師をずっとやっている人がいて、私も格安でカテキョをしてもらっています。年内に高2の教科書まで終わるといいなぁと思います。とにかく毎日午前中は英語をやるつもりです。

あとは午後に読書と映画鑑賞。読みたい本がたくさんあります。映画も一日一本観るのが理想なのですが、ちょっと無理かな…。三日に一本くらいのペースで観たいです。良質な映画との出逢いは人生を変えます。フェデリコ・フェリーニの「道」とか。定番ですが「ニュー・シネマ・パラダイス」とか。最近は「ポンヌフの恋人」を観ました。読書と共に器が大きくなり、映画とともに他者への眼差しがやわらかになれたらいいなと思います。

今日は朝からちょっとした庭園の蓮の花を見に行ってきました。

朝陽を受けて咲く睡蓮がいきいきと輝いていました。


にほんブログ村

よろしければ「にほんブログ村」クリックお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました